メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風20号

上陸 「明るいうちに避難を」呼び掛け 豪雨被災地、厳戒

台風20号の影響で列車の運休や間引き運転が相次ぎ、混雑するJR大阪駅=大阪市北区で2018年8月23日午後5時28分、山崎一輝撮影

 23日夜、台風20号は四国と近畿に上陸し、西日本各地は激しい風雨に見舞われた。多くの企業や商業施設が集まる大阪では、夕方のターミナル駅が帰宅を急ぐ人たちであふれ、西日本豪雨の被災地では、住民たちが不安な夜を過ごした。

 西日本豪雨で被害が大きかった3県でも県や市町村などが住民に警戒を呼び掛けた。

 広島県は23日午前、災害対策本部を設置。湯崎英彦知事が「明るいうちに頑丈な建物や避難所などに避難してほしい」と呼びかけた。

 7月の西日本豪雨で16人が犠牲になった広島県坂町では、台風の接近に備えて町が午後2時半から町内放送…

この記事は有料記事です。

残り1131文字(全文1391文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです