メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐賀知事

オスプレイ配備 受け入れを表明

佐賀県知事が自衛隊のオスプレイ配備受け入れを表明した佐賀空港=佐賀市で2018年3月13日、本社ヘリから田鍋公也撮影

 陸上自衛隊が導入する垂直離着陸輸送機オスプレイの佐賀空港(佐賀市)配備計画で、佐賀県の山口祥義(よしのり)知事は24日に記者会見し、「熟慮に熟慮を重ねた結果、防衛省の要請を受け入れる」と述べ、配備受け入れを表明した。

 配備計画地の地権者である漁業者が配備に反対しており、今後は漁業者の同意を得られるかが焦点となる。

 防衛省は2021年度までにオスプレイ17機を導入し、佐賀空港に配備する計画。今秋以降に米国から納入…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文618文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです