メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・大徳寺

遊び心でふすま絵新調 400年ぶり

披露された山賀博之さん(中央)のふすま絵「かろうじて生きている」=京都市北区の大徳寺真珠庵で2018年8月23日午後1時59分、川平愛撮影

一休さん開祖・真珠庵

 京都・大徳寺の塔頭(たっちゅう)・真珠庵(京都市北区)が、江戸前期に建てられた方丈(本堂、重要文化財)のふすま絵を400年ぶりに新調し、23日に報道公開した。「釣りバカ日誌」で知られる漫画家の北見けんいちさん(77)ら現代作家6人が計45面を仕上げた。9月から公開される。【南陽子】

 真珠庵は「一休さん」こと一休禅師が開祖。ふすま絵は絵師の曽我蛇足(だそく)と長谷川等伯の作とされ、…

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文732文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです