メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平山郁夫

「原爆キノコ雲」の色紙初公開 被爆体験基に?

平山郁夫が色紙に描いた原爆のキノコ雲=広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田の平山郁夫美術館で2018年8月6日午後1時44分、渕脇直樹撮影

「地獄さながらの世界だった」

 広島県瀬戸田町(現尾道市)出身の日本画家、平山郁夫(1930~2009年)が原爆のキノコ雲を描いた色紙が見つかり、平山郁夫美術館(尾道市瀬戸田町瀬戸田)で初公開されている。「思 昭和二十年八月六日」と書き添えられ、昭和40年代の作品とみられる。所有する平山の親友の家族が館に寄託した。

 館によると、平山は修道中学3年生だった1945年8月6日、爆心から3キロ離れた陸軍兵器支廠(しょう…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  4. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです