メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉市

パートナーシップ制度を導入 事実婚の異性同士も

 千葉市はLGBTなど性的少数者の同性カップルらをパートナーとして公的に証明する制度を導入すると発表した。対象は同性カップルに限定せず、事実婚の異性同士も認める制度で、全国初の取り組みという。来年4月の施行を予定している。

 市によると、市内在住か転入を予定する成人が対象で、配偶者や当事者以外のパートナーがおらず、近親者でないことが条件。互いを人生のパートナーとする宣誓書に署名し、住民票など必要書類を提出すると、パートナーシップ宣誓証明書を交付する。

 証明書に法的拘束力はないが、市は公営住宅の入居など親族を条件とする制度について、パートナーも同様に…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 乳がん さいたま出身の54歳北村さん、自らの体験出版 ありのままの大切さ思い 術前と術後の写真掲載 /埼玉
  4. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  5. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです