メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米男子ゴルフ

パットさえた松山、首位と1打差67マーク

第1ラウンド、4番でラインを読む松山英樹。4アンダーで5位=共同

ノーザントラスト第1ラウンド(23日、リッジウッドCC=パー71)

 松山英樹は安定したプレーで首位と1打差の67をマークした。「初日としては悪くないスタート」と納得の表情を見せた。「最初の方はティーショットに違和感があった」と言う。しかし、11番で2メートル半を沈めるとパットがさえ12番は3メートル…

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文298文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです