メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 三菱マテリアルグループの製品データ改ざん問題が刑事事件に発展し、信頼回復を誓って6月に発足した新体制は早々につまずいた。国内や米国市場の変化で最近の業績に陰りが見られる中、イメージ失墜は避けられず、同社は一段と厳しい試練に直面している。

 三菱マテリアルでは6月22日に小野直樹新社長が就任。記者会見に臨み「ガバナンス(企業統治)の強化に不退転の決意で取り組む」と宣言したばかりだった。

 昨年来、子会社のアルミニウムや銅製品で検査数値の改ざんなどが相次いで発覚しても竹内章前社長は引責辞…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文580文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 塀倒壊で女児死亡 高槻市が和解金支払いへ
  2. リカちゃん人形 賢明女子学院中・高制服で登場 購入予約700体 姫路 /兵庫
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. 皇室 皇太子ご夫妻が福岡入り 昨年の豪雨被災地にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです