メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国

徴用工訴訟、最高裁で審理入り

 【ソウル堀山明子】日本の植民地時代に強制労働をさせられたとして韓国人元徴用工4人が新日鉄住金(旧新日本製鉄)に損害賠償を求めた訴訟で、韓国の最高裁判所は23日、差し戻し上訴審の審理が始まったと明らかにした。2013年7月の原告勝訴の高裁判決を不服として新日鉄住金側が再上告したまま5年余も過ぎており、世論から批判が出ている。このため、上告審の審理はスピードアップされる見通しで、年内にも確定判決が下される可能性がある。

 審理を巡っては、日韓外交に配慮する韓国外務省が最高裁に判決を先延ばしするよう求めて裏取引した疑惑が…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文586文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです