メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シベリア抑留

追悼の集いに当事者4人 継承切実な課題に

シベリア抑留で亡くなった人々の「追悼の集い」で主催者を代表してあいさつする新関省二さん(右)=東京都千代田区の国立千鳥ケ淵戦没者墓苑で2018年8月23日午後1時14分、青島顕撮影

 第二次大戦後に旧ソ連に抑留されて亡くなった人たちを追悼する集いが23日、東京都千代田区の国立千鳥ケ淵戦没者墓苑であった。シベリア抑留の当事者は大多数が90代以上になり、当事者の参加は過去最低の4人だった。体験の次世代への継承が切実な課題だ。

 集いは2003年から民間の「シベリア抑留者支援センター」が開いており、16回目。当事者・遺族らに加え、駐日カザフスタン大使と、ロシア、モ…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文475文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 大阪・寝屋川の中1殺害 「娘は優しい子」被害者母が証言 公判
  4. 韓国 慰安婦財団の解散発表 事業終了を決定
  5. 寝屋川中1殺害 「2人に声かけなければ」遺族に被告謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです