メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シベリア抑留

追悼の集いに当事者4人 継承切実な課題に

シベリア抑留で亡くなった人々の「追悼の集い」で主催者を代表してあいさつする新関省二さん(右)=東京都千代田区の国立千鳥ケ淵戦没者墓苑で2018年8月23日午後1時14分、青島顕撮影

 第二次大戦後に旧ソ連に抑留されて亡くなった人たちを追悼する集いが23日、東京都千代田区の国立千鳥ケ淵戦没者墓苑であった。シベリア抑留の当事者は大多数が90代以上になり、当事者の参加は過去最低の4人だった。体験の次世代への継承が切実な課題だ。

 集いは2003年から民間の「シベリア抑留者支援センター」が開いており、16回目。当事者・遺族らに加え、駐日カザフスタン大使と、ロシア、モ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです