メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚市

公用車に補助犬シール

公用車に補助犬シールを貼る宝塚市の中川智子市長(右)と日本介助犬使用者の会会長の木村佳友さん。手前は木村さんの介助犬デイジー=兵庫県同市で2018年8月23日、梅田麻衣子撮影

 補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)への理解を後押ししようと、兵庫県宝塚市は公用車約240台に補助犬を歓迎する「ようこそ! 補助犬シール」を付けることを決めた。1台目として、中川智子市長と「日本介助犬使用者の会」会長の木村佳友さん(58)=同市=が23日、木村さんの介助犬「デイジー」とともに市長公用車にシールを貼った。

 シールは同市がデザインを公募して2000年に作成。赤いハートの中に犬の横顔をあしらったデザインで、…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文446文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 国立がんC 3年後がん生存率を初公表 全体で71%
  4. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです