メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

つり輪で銀の野々村 空気変えた安定の演技

男子つり輪の演技を終え、観客席に拳を上げる野々村笙吾=ジャカルタで2018年8月23日、徳野仁子撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第6日の23日、体操の種目別決勝があり、男子つり輪で、野々村笙吾(セントラルスポーツ)が14.625点で2位。個人総合、団体に続き3個目の銀メダルを獲得した。

 高い位置できれいに伸びた静止姿勢。少しぐらつく場面もあったが、最後の着地は完璧に止めてみせ、会場を沸かせた。前の床運動、あん馬では谷川翔(…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  3. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです