メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

陸上 男子マラソン 井上、競り勝ち金 日本勢32年ぶり

男子マラソン、1位でフィニッシュする井上大仁。後方はエルアバシ=ジャカルタで2018年8月25日、徳野仁子撮影

 【ジャカルタ小林悠太】ジャカルタ・アジア大会は第8日の25日、陸上の男子マラソンがあり、井上大仁(ひろと)(25)=MHPS=が2時間18分22秒で金メダルを獲得した。日本勢の優勝は1986年ソウル大会の中山竹通以来32年ぶりで、メダル獲得は11大会連続。2020年東京五輪を想定した夏のレースを制…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文344文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです