メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

男子マラソン 日本勢32年ぶり、井上が金 酷暑制し五輪手応え

男子マラソン、1位でフィニッシュし日の丸を掲げる井上大仁=ジャカルタのブンカルノ競技場で2018年8月25日、徳野仁子撮影

 酷暑でスローペースで進んだレースは、37キロ過ぎから一気に動く。エルアバシがペースを上げると、井上だけが反応して付いていった。

 互いに仕掛け合っても離れない。トラック勝負の残り約100メートルで井上は歯を食いしばり、スパートをかけた。エルアバシに詰め寄られて接触したが、そのまま逃げ切った。日本勢32年ぶりの金メダルを獲得し、「勝つチャンスが目の前にあった。最後は力を引きずり出した」と満面の笑みで…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです