メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラスチック危機

漂う廃プラ7万9000トン 太平洋ごみベルト推計 3割日本由来

太平洋ごみベルト

 北太平洋の米カリフォルニア州沖からハワイ沖に、海を漂うプラスチックごみが集まる「太平洋ごみベルト」と呼ばれる海域があり、ごみの総重量が約7万9000トンに達するとの推計をオランダなどの研究グループがまとめた。細かく砕かれた「マイクロプラスチック」を中心に1兆8000億個が漂うと試算。生態系への影響が懸念され、削減のための国際的な協力体制の構築が課題となる。

 ごみベルトの面積は160万平方キロで日本の面積の4倍超。表示などから製造場所が分かった386個のう…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文601文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです