メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

FFG・十八銀

長崎シェア65%、統合に道 公取委、承認発表

記者会見を終え記念撮影する(右から)森拓二郎・十八銀行頭取、柴戸隆成・ふくおかフィナンシャルグループ社長、吉沢俊介・親和銀行頭取=福岡市中央区で2018年8月24日午後7時2分、森園道子撮影

 公正取引委員会は24日、ふくおかフィナンシャルグループ(FFG、福岡市)と十八銀行(長崎市)の経営統合計画を承認したと発表した。長崎県内の中小企業向け貸し出しシェアが約75%に高まることを問題視していたが、両社が総額1000億円弱の債権を他行に移し、約65%に低下させるなどの対策を示したことで、公正な競争が維持されると判断した。経営統合は当初計画から2年遅れの2019年4月に実現する見通しとなった。

 経営統合後の20年4月にFFG傘下の親和銀行(長崎県佐世保市)と十八銀を合併させる。FFGの柴戸隆…

この記事は有料記事です。

残り2056文字(全文2308文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです