メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふくおかFG・十八銀

長崎地銀統合 地方経済どう活性化 寡占に懸念も

 公正取引委員会がふくおかフィナンシャルグループ(FFG)と十八銀行の経営統合計画を承認した。経営統合の先には、人口減少が進む地方の経済をいかに活性化させるかという課題が待ち受ける。また、地元の中小零細企業の間にはFFGによる金融市場の寡占が進むことによる金利引き上げへの懸念もあり、信頼を獲得できるかが問われる。

 「地域金融機関の経営基盤が揺らげば地域への影響は深刻で、統合の必要性を強く訴えてきた」。FFGの柴…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文623文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. プロ野球 中日・岩瀬、1000試合登板まであと2
  4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
  5. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです