メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大手電力各社

作業、空から効率化 ドローンで新サービス開拓

東電HDが物流事業への活用を目指しているドローン=東京都千代田区で2018年7月12日午後2時26分、袴田貴行撮影

 大手電力各社が、本業から新規ビジネスまでドローン(小型無人機)の活用を広げている。人が行うには危険な高所や災害現場などでの作業をドローンで代替し、現場の安全性向上や効率化につなげている。さらに、電力インフラとドローンを組み合わせた新サービスの創出を探る動きも出ている。【袴田貴行】

 中部電力は2016年にドローンを導入。現在は水力発電と原発、送配電の各部門に計40台以上を配備している。水力発電部門は、ダムや水路設備などの補修作業で、ドローンによる空撮を活用し、補修が必要な箇所の全体増を把握するのに役立てている。

 浜岡原発では、海上用の放射線測定器を搭載したドローンで周辺海域を巡視し、放射性物質の漏えいなどの事…

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文960文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  4. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  5. 沖縄知事選 台風24号影響、一部で投票日繰り上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです