メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森健の現代をみる

置き去りの戦後補償 今回のゲスト 有光健さん(その2止)

森健さん

政府には責任や過ちをしっかり認める必要が

 有光 「当事者たちの思いが議員やメディアに正確に伝わっていなかったのでは」と考えました。そこで、特別給付金だけでなく、抑留の実態解明・追悼などを国の責務に課す法案に改めて、運動を継続したのです。

 森 自公政権から民主党政権に変わった後の10年、シベリア特措法として成立しましたね。

 有光 政権交代がなければ成立しませんでしたね。特別給付金は7万人弱で、1人平均30万円足らず。抑留…

この記事は有料記事です。

残り982文字(全文1193文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 大阪・寝屋川の中1殺害 「娘は優しい子」被害者母が証言 公判
  4. 韓国 慰安婦財団の解散発表 事業終了を決定
  5. 寝屋川中1殺害 「2人に声かけなければ」遺族に被告謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです