メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

老舗蔵元に異端児現る!?の巻

青々とした水田で日本酒を味わう酒造家の久野九平治さん(左)と桂南光さん=兵庫県西脇市で

 落語で酒を飲む仕草といえば湯飲みやおちょこで「グイッ」ですが、大の日本酒党、桂南光さんは最近、もっぱらワイングラス。きっかけは、「偏愛」するブランド「醸し人九平次(くへいじ)」との出合いでした。醸造元の当主、十五代久野九平治さん(52)は酒米の栽培から手がけたり、パリのレストランに単身売り込みに行ったりと、とてもユニークな存在。そんな「日本酒界の異端児」に会いに、山あいに水田が広がる兵庫県西脇市・黒田庄地区を訪れました。【山田夢留、写真・梅田麻衣子】

この記事は有料記事です。

残り1473文字(全文1701文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです