メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

競泳 池江6冠、日本勢最多 50自大会新

競泳女子50メートル自由形で優勝し喜ぶ池江璃花子=ジャカルタで2018年8月24日、徳野仁子撮影

 (第7日・記録は共同など)

 競泳女子50メートル自由形決勝で池江璃花子(ルネサンス)が24秒53で優勝した。池江は今大会通算6個目の金メダル。1大会で獲得した金メダル数が日本勢単独最多となった。

 今大会13レース目。体力も気力も尽きそうだったが最後まで冷静だった。「隣を見て泳いだ」とアジア記録を持つ5コースの劉湘(中国)を警戒した。25メートルを通過して2人が抜け出した。プラン通り池江はここから加速したが、劉湘がわずかに先行。最後の力を振り絞るようにラスト10メートルは腕を必死に回し「勝っている」とタッチに集中してかわした。その差は0秒07だった。

 最後に立ちはだかった劉湘は今大会、50メートル背泳ぎで世界新をマークしてスピードに自信を持っていた…

この記事は有料記事です。

残り1281文字(全文1609文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 横浜女性刺傷 「金を取る目的だった」逮捕の71歳容疑者
  3. 大阪府警 出会い系売春あっせん24人逮捕 大規模組織か
  4. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです