メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

フェンシング フルーレ 男子団体は銅

 (第7日・記録は共同など)

 フェンシング男子のフルーレ団体があり、日本は準決勝で香港に42-45で敗れて、2連覇はならなかった。3位決定戦がないため、銅メダルを獲得した。

 団体で22日に男子エペ、23日に女子フルーレと、各種目でアジア大会史上初の金メダルを獲得したフェンシング。上昇ムードで臨んだ前回大会優勝の男子フルーレが優勝を逃した。最年長21歳の松山恭助(早大)は「波に乗ろうと思ったんですけど」と肩を落とした。

 2017年世界選手権で2位の西藤(さいとう)俊哉(法大)、3位の敷根崇裕(同)のWエースの不調が響…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文668文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです