メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

第33回日本クラブユース選手権・U15 広島、初V

後半ロスタイムに勝ち越しゴールを決め、喜ぶ広島のFW松浦隆介(右)=北海道帯広市の帯広の森陸上競技場で2018年8月24日午後0時41分、大谷津統一撮影

 第33回日本クラブユースサッカー選手権(U15)大会(日本サッカー協会、日本クラブユースサッカー連盟主催、毎日新聞社後援)は24日、北海道・帯広の森陸上競技場で決勝(40分ハーフ)があり、広島がセ大阪に3-2で競り勝ち、初優勝した。広島はFW棚田の2得点で主導権を握った。終盤にセ大阪に連続ゴールを許して追いつかれたものの、後半ロスタイムにFW松浦が決勝点を挙げた。

 MVP(最優秀選手)は棚田遼(広島)、最も印象に残るプレーを見せた選手に贈られるMIPは西村昴(セ…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文727文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです