メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

第33回日本クラブユース選手権・U15 広島、初V

後半ロスタイムに勝ち越しゴールを決め、喜ぶ広島のFW松浦隆介(右)=北海道帯広市の帯広の森陸上競技場で2018年8月24日午後0時41分、大谷津統一撮影

 第33回日本クラブユースサッカー選手権(U15)大会(日本サッカー協会、日本クラブユースサッカー連盟主催、毎日新聞社後援)は24日、北海道・帯広の森陸上競技場で決勝(40分ハーフ)があり、広島がセ大阪に3-2で競り勝ち、初優勝した。広島はFW棚田の2得点で主導権を握った。終盤にセ大阪に連続ゴールを許して追いつかれたものの、後半ロスタイムにFW松浦が決勝点を挙げた。

 MVP(最優秀選手)は棚田遼(広島)、最も印象に残るプレーを見せた選手に贈られるMIPは西村昴(セ…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文727文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです