メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

競泳 池江、日本初6冠 東京へ充実の夏

競泳女子50メートル自由形決勝で優勝し涙を流す池江璃花子=ジャカルタで2018年8月24日、宮間俊樹撮影

 【ジャカルタ村上正】ジャカルタ・アジア大会の第7日は24日、競泳女子の池江璃花子(18)=ルネサンス=が50メートル自由形決勝に出場し、24秒53で金メダルを獲得し、今大会6冠を達成した。1大会の金メダル数は日本勢単独最多となり、高校生活最後の夏を大記録で締めくくった。

「安心して涙出た」

 表彰式を終えた池江は応援に駆けつけた家族や恩師らの顔を観客席に確認すると「たくさんの人が見に来てくれていて、安心して涙が出てきた」と目を赤くした。「絶対負けたくない」と隣のコースの劉湘(中国)を意識して激しく競りながら、終盤に抜けだし0秒07差でかわした。

 前向きに物事を考えられる強じんな精神力が池江の魅力だ。今月上旬には東京都内でパンパシフィック選手権…

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文1079文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  5. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです