メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

競泳 池江、日本初6冠 東京へ充実の夏

競泳女子50メートル自由形決勝で優勝し涙を流す池江璃花子=ジャカルタで2018年8月24日、宮間俊樹撮影

 【ジャカルタ村上正】ジャカルタ・アジア大会の第7日は24日、競泳女子の池江璃花子(18)=ルネサンス=が50メートル自由形決勝に出場し、24秒53で金メダルを獲得し、今大会6冠を達成した。1大会の金メダル数は日本勢単独最多となり、高校生活最後の夏を大記録で締めくくった。

「安心して涙出た」

 表彰式を終えた池江は応援に駆けつけた家族や恩師らの顔を観客席に確認すると「たくさんの人が見に来てくれていて、安心して涙が出てきた」と目を赤くした。「絶対負けたくない」と隣のコースの劉湘(中国)を意識して激しく競りながら、終盤に抜けだし0秒07差でかわした。

 前向きに物事を考えられる強じんな精神力が池江の魅力だ。今月上旬には東京都内でパンパシフィック選手権…

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文1079文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  2. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  3. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです