メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪都構想

庁舎整備費、批判相次ぐ 府市、最大637億円提示

 大阪市を廃止し特別区に再編する「大阪都構想」の制度案を協議する法定協議会(法定協)が24日あり、大阪府・市は庁舎整備費の新たな試算結果を提示した。特別区本庁舎の近隣に新庁舎を建設すると、現有施設の不足分だけの建設より約2倍の最大637億円。公明党や共産党からは「議論するほどコストが増えている」「近隣で用地を確保するのは非現実的だ」などと批判が相次いだ。

 これまで4特別区の本庁舎は、現在の区役所を使う前提だった。それだけではスペースが不足し、行政機能の…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文574文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  2. 雑記帳 サッカー元イタリア代表FW、デルピエロ氏…
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 大村益次郎 没後150年 生誕地に砂で20メートル家紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです