メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京

スヌーピーミュージアム広さ2倍 来秋に町田移転

現在は六本木にある「スヌーピーミュージアム」=東急電鉄提供

 東急田園都市線南町田駅(東京都町田市)周辺で進められている再開発エリア「南町田グランベリーパーク」に来年秋「スヌーピーミュージアム」がオープンする。2年前に港区六本木に期間限定でオープンした施設が9月24日に閉館するため、同パークに移転することになった。原作者の名を冠した「シュルツ美術館」(米カリフォルニア州)の、世界でただ一つの分館になる。

     市と東急電鉄(渋谷区)、ソニー・クリエイティブプロダクツ(港区)が発表した。新施設は面積約2800平方メートルで、現在の六本木の施設の約2倍の規模。原画の展示やグッズ販売を行うほか、カフェも併設する。

     同パークは、鶴間公園と、昨年閉店した商業施設「グランベリーモール」跡地を中心とした約22ヘクタールを、官民で再開発する事業。約200店舗の商業施設やライブラリー、児童館などを備える計画になっている。

    新しくなる「南町田グランベリーパーク駅」のイメージ図=東急電鉄提供

     東急電鉄は同パークの開業に合わせ、来年度中に駅名を「南町田グランベリーパーク」に改称。現在土日、祝日のみの急行の停車を、平日にも広げる。【五十嵐英美】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    2. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
    3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
    4. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
    5. サッカー デルピエロがFC岐阜にエール

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです