メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潟・阿賀野川

花火女子、夜空に「創作物語」打ち上げへ

花火大会3日前、最後の打ち合わせを行う花火女子=新潟市北区で2018年8月22日午後7時56分、南茂芽育撮影

 新潟市東区と北区をつなぐ阿賀野川で毎年8月25日に開かれる「阿賀野川ござれや花火」に、今年はいっぷう変わった創作花火が登場する。考案したのは地元在住の女性4人、その名も“花火女子”。県内初のセリフ付きストーリー仕立ての打ち上げ花火を創作した。「素人集団だからこそ他にない魅力ある花火にしたい」と思いを込める。

 25日にしか見られない阿賀野川の妖精。訪れた祖父と孫が妖精を呼ぶと、思わぬ妖怪が現れる--。「妖精…

この記事は有料記事です。

残り715文字(全文920文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  2. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  3. 記者の目 「多死社会」変わる弔いの現場 自分の死と向き合おう=山口知(大阪社会部)
  4. WEB CARTOP 欧州車にも負けない美しさ! 天才デザイナーが手がけた日本車7選
  5. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです