メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

井上が金 男子マラソン、日本勢32年ぶり

男子マラソン、1位でフィニッシュする井上大仁。後方はエルアバシ=ジャカルタで2018年8月25日、徳野仁子撮影
アジア大会のマラソン男子で1位争いを繰り広げた井上(右)=ロイター

 【ジャカルタ小林悠太】ジャカルタ・アジア大会は第8日の25日、陸上の男子マラソンがあり、井上大仁(ひろと)(25)=MHPS=が2時間18分22秒で金メダルを獲得した。日本勢の優勝は1986年ソウル大会の中山竹通以来32年ぶりで、メダル獲得は11大会連続。2020年東京五輪を想定した夏のレースを制し、弾みをつけた。園田隼(29)=黒崎播磨=は4位だった。

 スローペースとなったレースは、35キロで先頭集団が5人に絞られた。37キロ以降は井上と14年仁川大会(韓国)1万メートル金メダリストのエルハサン・エルアバシ(バーレーン)との一騎打ちの展開に。勝負は競技場内までもつれ込み、最後の直線で井上が競り勝った。

 井上は長崎県出身。長崎・鎮西学院高、山梨学院大を経てMHPSに入社。今年2月の東京マラソンで日本歴代4位の2時間6分54秒をマークした。

世界選手権の雪辱果たす

 昨年8月、ロンドン世界選手権で失速した井上が1年後のジャカルタで雪辱を果たした。世界選手権では初代表の緊張感から力を全く出せず、26位に終わった。「気持ちが未熟だった。神経質になって本番までに気疲れしていた」と振り返る。

 世界選手権でともに代表入りしていた川内優輝(埼玉県庁)と中本健太郎(安川電機)は常にリラックスしていた印象があった。ベテランの2人を見習って、「自然体」を大事にするようになった。レース2日前、報道陣に「勝たないといけないプレッシャーを感じています」と穏やかな表情で率直に話した。1年前のように虚勢を張る姿はなかった。

 2月の東京マラソンで、2時間6分11秒の日本新記録を出した設楽悠太(Honda)に敗れたが、日本歴代4位の2時間6分54秒を出した。19年9月の東京五輪代表選考会を見据え、アジア大会を回避する有力選手が相次いだが、井上はすぐに挑戦を決めた。「環境のいいレースでは強さは身につかない。暑さの中で勝負して勝つ」。伸び盛りの25歳にとって宣言通りの金メダル獲得は1年後の五輪代表選考会、2年後の五輪本番へ大きな自信となる。【小林悠太】

 井上大仁 神経が削られるようなレースで、きつかった。ラストスパートでは勝つ自信があった。勝ったと思った瞬間、喜びが爆発した。

 園田隼 勝てるレースだった。一つのミスで4位に落ちた。世界、アジアの厳しさを知った。相手も苦しい中で我慢できなかった。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  3. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
  4. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  5. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです