メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

井上「目の前のチャンス」つかむ マラソンV

 ジャカルタ・アジア大会は第8日の25日、陸上の男子マラソンがあり、井上大仁(25)=MHPS=が2時間18分22秒で金メダルを獲得した。 酷暑でスローペースで進んだレースは、37キロ過ぎから一気に動く。エルアバシがペースを上げると、井上だけが反応して付いていった。

 互いに仕掛け合っても離れない。トラック勝負の残り約100メートルで井上は歯を食いしばり、スパートをかけた。エルアバシに詰め寄られて接触したが、そのまま逃げ切り、両手を広げて雄たけびをあげた。マラソン初優勝を果たし、「勝つチャンス…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文621文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  3. 韓国国会議長「日本は盗っ人たけだけしい」 謝罪要求に反発
  4. 安倍首相「桜田氏が東京五輪招致尽力」発言を訂正 前任と混同
  5. 特集ワイド 「ツイッターの妖精引退」宣言した女優、春名風花さん 現実世界に居場所、必ずある

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです