メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経営統合

FFGより強固に 単独路線の地銀にも影響

経営統合計画承認を受けての記者会見を終え、並んで記念撮影に応じる(右から)森拓二郎・十八銀行頭取、柴戸隆成・ふくおかフィナンシャルグループ社長、吉沢俊介・親和銀行頭取=福岡市中央区で2018年8月24日午後7時2分、森園道子撮影

 ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)と十八銀行の統合は、九州・山口でも地銀のさらなる再編の引き金になる可能性もある。20地銀のうち10地銀が単独路線をとっているが、今後の動向が注目される。

 「この統合が認められるなら、どんな統合もオーケーだろう」。長崎県内でシェアを二分してきたFFGと十八銀の統合について、九州のある地銀幹部はこう語った。九州・山口でもこれまでは県境をまたぐ統合が主流だったが、公正取引委員会が県内の有力行同士の統合を承認したことで、今後は県内での再編も選択肢となり得る。別の地銀首脳は「選択肢が増えるのは良いことだ」と話す。

 九州・山口では2007年に福岡銀と熊本ファミリー銀(現熊本銀行)が経営統合してFFGが設立され、親…

この記事は有料記事です。

残り881文字(全文1206文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東海大が大野さんとともに卒業式 熊本地震でのアパート倒壊で犠牲に
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 「再開要請」聞き入れず、都が認定 病院を指導へ 透析中止女性死亡
  5. 不正受給 事業所指定、取り消しへ 県 /熊本

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです