メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経営統合

FFGと十八銀行 異例の長期審査決着

記者会見を終え記念撮影する(右から)森拓二郎・十八銀行頭取、柴戸隆成・ふくおかフィナンシャルグループ社長、吉沢俊介・親和銀行頭取=福岡市中央区で2018年8月24日午後7時2分、森園道子撮影

 公正取引委員会は24日、ふくおかフィナンシャルグループ(FFG、福岡市)と十八銀行(長崎市)の経営統合計画を承認したと発表した。両社が総額1000億円弱の債権を他行に移す方針を示し、長崎県内の貸し出しシェアが約75%から約65%に下がることで「競争が制限されない」と判断。異例の2年にわたる審査が決着した。これを受け、FFGと十八銀は同日、2019年4月に経営統合し、20年4月に十八銀がFFG傘下の親和銀行(長崎県佐世保市)と合併する新たな計画を発表した。

 FFGと十八銀は16年2月、経営統合に基本合意。当初は17年4月に統合し、1年後に十八銀と親和銀が…

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文902文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  4. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  5. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです