メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経営統合

シェア7割「冗談」レベルの再編が実現した理由

 公正取引委員会が「待った」をかけていた長崎県の地銀再編が2年遅れで実現することになった。長崎県内のシェアを10%下げるという「苦渋の決断」(ふくおかフィナンシャルグループ=FFG=の柴戸隆成社長)が評価された。今後の地銀再編にも影響しそうだ。

 「『ご冗談でしょう』というレベルだった」。公取委のある幹部は、FFG(福岡市)と十八銀行(長崎市)が当初、提出した計画をこう振り返る。十八銀は長崎県の地銀首位、FFG傘下の親和銀は同2位。統合後の県内中小企業向け融資のシェアは7割を超える。最近、同じ県内で統合した三重県の三重銀と第三銀は約3割、公取委の審査が長引いた新潟県の第四銀と北越銀でも約5割。公取委にとって「7割」は到底受け入れられるレベルではなかった。

 公取委は、過去にほとんど出したことがない統合差し止めの命令もちらつかせつつ、両社に統合再考を迫った…

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1141文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです