メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経営統合

地銀再編に新たな「目安」 全国各地に波及も

地方銀行の本店が3行以上ある都府県

 ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)と十八銀行の経営統合の行方は、高い県内貸し出しシェアを持つ地銀の再編事例として注目されてきた。公正取引委員会の承認で新たな「目安」が示されたことで、同様の状況にある地方銀行の再編を後押ししそうだ。

 公取委が統合を認めてきた近年の事例は、統合後の県内のシェアが5割を下回るケースがほとんどで、唯一5割超だった新潟県の第四銀行と北越銀行は審査が長引き、統合時期が半年ずれこんだ。今回、FFGと十八がシェアを引き下げて統合が認められたことで、「6割程度」が基準として新たに意識されることになる。

 既に反響は起きている。東日本の地銀2行は、水面下で経営統合交渉を進めていた。ただ合算した県内シェア…

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文819文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです