メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

概算要求

102兆円台後半 過去最大 19年度見通し

財務省=小林祥晃撮影

社会保障費や防衛費の増大などが主因

 年末の2019年度予算編成に向けた各省庁の概算要求の総額が102兆円台後半に膨らみ、過去最大だった16年度(102兆4000億円)を上回る見通しとなった。社会保障費や防衛費の増大などが主因だ。

 要求総額が100兆円の大台を超えるのは5年連続で、18年度は101兆円だった。19年度予算の概算要求では、各省庁が政策に充てる一般歳出が、前年度の要求額に比べ9000億円増の62兆4000億円程度となる見通し。このうち、一般会計予算の約3割を占める社会保障費は、高齢化による医療、年金費用の増加で6000億円増の32兆円超…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文690文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです