メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国

朴前大統領、1審判決より量刑重く 賄賂認定増え

 【ソウル堀山明子】韓国の財閥グループから巨額の賄賂を受け取ったとして、収賄や職権乱用の罪に問われた前大統領の朴槿恵(パククネ)被告(66)の控訴審判決公判が24日開かれ、ソウル高裁は被告に懲役25年、罰金200億ウォン(約20億円)を言い渡した。1審判決(懲役24年、罰金180億ウォン)で無罪とされたサムスングループからの出資の一部が賄賂と認定され、量刑が厳しくなった。

     朴被告は1審途中から「裁判所への信頼はなくなった」と出廷を拒否しており、この日も姿を見せなかった。

     高裁は判決理由で「被告は起訴内容を全面否定し、反省の姿勢がない。一貫して秘書室長ら周辺に責任転嫁した」と指摘。また、「正当な理由なく出廷を拒否し、真相究明を願う国民の最後の要望さえ完全に無視した」として、厳刑は避けられないと述べた。

     朴被告は「政治裁判」への関与を拒否することを理由に控訴しておらず、上告もしない見通し。ただ、30年を求刑していた検察が控訴しており、今回も上告する方針を示した。

     共謀関係に問われた親友の崔順実(チェスンシル)被告(62)の控訴審判決も24日にあり、ソウル高裁は罰金だけ増額し、懲役20年、罰金200億ウォン=1審懲役・同、罰金180億ウォン=を命じた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
    2. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
    3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
    4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
    5. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです