メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国

朴前大統領、1審判決より量刑重く 賄賂認定増え

 【ソウル堀山明子】韓国の財閥グループから巨額の賄賂を受け取ったとして、収賄や職権乱用の罪に問われた前大統領の朴槿恵(パククネ)被告(66)の控訴審判決公判が24日開かれ、ソウル高裁は被告に懲役25年、罰金200億ウォン(約20億円)を言い渡した。1審判決(懲役24年、罰金180億ウォン)で無罪とされたサムスングループからの出資の一部が賄賂と認定され、量刑が厳しくなった。

 朴被告は1審途中から「裁判所への信頼はなくなった」と出廷を拒否しており、この日も姿を見せなかった。

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文531文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  4. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  5. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです