メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【お知らせ】現在システム障害のため一部の機能・サービスがご利用になれません
米国

ウクライナ政治犯釈放を露に要求 外相電話協議で

 【ワシントン高本耕太】ポンペオ米国務長官は23日、ラブロフ露外相と電話協議し、ロシアで収監されハンガーストライキを続けている映画監督のオレグ・センツォフ氏ら、ウクライナ人政治犯の即時釈放を要求した。2014年のロシアによるウクライナ南部クリミア編入に抗議するセンツォフ氏は、クリミアでテロを企図したとしてロシアで懲役20年の刑を受けている。

     国務省の声明によるとポンペオ氏は、5月から獄中でハンガーストライキを続けるセンツォフ氏の「健康状態への懸念」を伝えた。両外相はシリア情勢についても協議、ロシアが支援するアサド政権が北西部イドリブ県の反体制派支配地域に対し計画しているとされる軍事行動について「深刻な懸念」を伝えた。

     ロイター通信によると、ラブロフ氏は米司法省が米国内でスパイ活動をしたとして訴追したロシア人マリア・ブティナ容疑者の早期釈放を求めた。

     一方、米国のボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)とロシアのパトルシェフ安全保障会議書記が23日、ジュネーブで会談した。7月の米露首脳会談以降、初の高官級接触となる。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
    3. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    4. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    5. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです