メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NAFTA

「原産地規則」厳格化合意は日本に不利

 【ワシントン清水憲司】米通商専門紙ワールド・トレード・オンラインは23日、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉をめぐり自動車関税をゼロにする基準「原産地規則」の厳格化で米国とメキシコが合意したと報じた。両国は24日も詰めの協議を続ける見通しだが、厳格化は米政府が国内での自動車・同部品の生産を促す狙いで求めてきた。報道通りなら、米自動車各社に比べて米国生産比率が低い日本勢は不利になる可能性がある。

 原産地規則は、一定以上の部品を域内で生産した場合に関税を優遇する措置。NAFTAは現在、域内の米国…

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文789文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都大の吉田寮自治会が条件付き退寮表明
  2. 囲碁 小4仲邑菫さん、世界的強豪の壁高く
  3. はやぶさ2 あすリュウグウに着陸
  4. 空自戦闘機墜落 突発的トラブルか 異常、交信なく
  5. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです