メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

藤井七段「手ごわかった」 里見女流4冠・棋聖戦に

棋聖戦1次予選で里見香奈女流王座(左)を破り、対局を振り返る藤井聡太七段=大阪市福島区の関西将棋会館で2018年8月24日午後0時半、久保玲撮影

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(16)が24日、大阪市福島区の関西将棋会館であった第90期棋聖戦1次予選で里見香奈女流王座(26)に82手で勝った。次戦の準決勝で村田顕弘六段(32)と対戦する。

     女流全6タイトルのうち四つを持つ女流棋士の第一人者との対局で注目を集めた一番。対局室は24社約50人の報道陣で熱気が渦巻いた。

     先手番を握った里見は得意の中飛車戦法で序盤を優位に進めた。各1時間の持ち時間を藤井が先に使い切ったが、終盤、秒読みの中で放った一手を境に、流れが一気に藤井に傾き、そのまま押し切った。

     これで藤井の通算成績は87勝15敗。終局後、「序盤は自玉の守りが薄く、いろいろな変化を警戒して長考してしまった。里見女流王座は中飛車を指し慣れているのが伝わってきて、手ごわかった」と話した。

     一方、女流王座、女流名人、女流王将、倉敷藤花(とうか)の4冠をいただく里見は、一般のプロとは別制度の女流棋士枠(2人)での出場。1回戦で村田智弘六段(37)を破って藤井戦を迎え、対男性プロ棋士との公式戦は7勝19敗(未放映のテレビ対局を除く)となった。

     里見女流王座は「中終盤で間違えたのが悔やまれる。(同じ三段リーグ戦を戦った)藤井七段はあっという間に昇段したので、対局できるのを楽しみにしていた」と語った。【新土居仁昌】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
    2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
    3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
    4. 欅坂46 ナチス制服似衣装、秋元康氏ら謝罪
    5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです