メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岡山

顧客に襲われPTSD 女性外交員が住友生命提訴

「上司の指示で集金に行き被害」と損害賠償求める

 上司の指示で顧客の自宅へ集金に行った際に襲われ、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などで働けなくなったとして、住友生命保険(大阪市)の保険外交員の30代女性が24日、同社に慰謝料など440万円の損害賠償を求める訴えを岡山地裁に起こした。

 訴状などによると、女性は同社岡山支社に勤めていた2016年5月、1人暮らしの顧客の男(当時36歳)=岡山市=の自宅を訪れた際に押し倒されて負傷し、性的暴行は未遂に終わった。女性はPTSDや適応障害を患い、休職を余儀なくされている。男は強姦(ごうかん)致傷罪で逮捕・起訴され、有罪が確定した。

 当時、男は保険料の支払いに応じておらず、上司は担当者の女性に1人で集金に行くよう指示。同社では2カ月前にも保険外交員が顧客宅で暴行を受けそうになる事例があり、女性は会社側が複数人で訪問させるなど安全に配慮すべきだったと主張している。

 記者会見した女性は「裁判を通じ、保険外交員の身の安全が保たれる体制の整備につながってほしい」と訴えた。同社は「訴状が届いておらずコメントできない」としている。【戸田紗友莉】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  4. 絶滅危惧種 大阪湾で「アカメ」捕獲
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです