メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪都構想

庁舎整備費の試算「最大637億円」に批判

法定協、新たな試算結果を提示

 大阪市を廃止し特別区に再編する「大阪都構想」の制度案を協議する法定協議会(法定協)が24日あり、大阪府・市は庁舎整備費の新たな試算結果を提示した。特別区本庁舎の近隣に新庁舎を建設すると、現有施設の不足分だけの建設より約2倍の最大637億円。公明党や共産党からは「議論するほどコストが増えている」「近隣で用地を確保するのは非現実的だ」などと批判が相次いだ。

 これまで4特別区の本庁舎は、現在の区役所を使う前提だった。それだけではスペースが不足し、行政機能の…

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文900文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  3. ORICON NEWS ウーマン村本、浪江町「なくなる」発言を謝罪 「大反省しないと」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです