メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都

千灯供養、橙色の炎が石仏・石塔照らし 化野念仏寺

千灯供養で石仏にろうそくを供える参拝者ら=京都市右京区の化野念仏寺で2018年8月24日午後6時48分、小松雄介撮影

 京都・奥嵯峨の化野(あだしの)念仏寺で24日、ろうそくをともして無縁仏の冥福を祈る「千灯供養」があった。温かみのある橙(だいだい)色の炎が約8000体の石仏・石塔を照らし、参拝者は手を合わせた。

 地名の「あだし」は古語で「はかない」との意味があり、化野と呼ばれた寺一帯は平安期から風葬や土葬の地と伝…

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文300文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
  2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
  4. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  5. 風疹 流行続く 患者127人増

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです