メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

18歳池江が偉業・6冠 強敵に心理戦で圧力

 ジャカルタ・アジア大会の第7日は24日、競泳女子50メートル自由形決勝で池江璃花子(ルネサンス)が24秒53で優勝した。池江は今大会通算6個目の金メダル。1大会で獲得した金メダル数が日本勢単独最多となった。

 今大会13レース目。体力も気力も尽きそうだったが最後まで冷静だった。「隣を見て泳いだ」とアジア記録を持つ5コースの劉湘(中国)を警戒した。25メートルを通過して2人が抜け出した。プラン通り池江はここから加速したが、劉湘がわずかに先行。最後の力を振り絞るようにラスト10メートルは腕を必死に…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文623文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
  2. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  3. 苫小牧の国道 交差点で衝突事故 6歳女児と母の2人死亡
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです