メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

18歳池江が偉業・6冠 強敵に心理戦で圧力

 ジャカルタ・アジア大会の第7日は24日、競泳女子50メートル自由形決勝で池江璃花子(ルネサンス)が24秒53で優勝した。池江は今大会通算6個目の金メダル。1大会で獲得した金メダル数が日本勢単独最多となった。

 今大会13レース目。体力も気力も尽きそうだったが最後まで冷静だった。「隣を見て泳いだ」とアジア記録を持つ5コースの劉湘(中国)を警戒した。25メートルを通過して2人が抜け出した。プラン通り池江はここから加速したが、劉湘がわずかに先行。最後の力を振り絞るようにラスト10メートルは腕を必死に…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文623文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. クレヨンしんちゃん 声優交代が“炎上”しなかった理由
  4. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  5. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです