メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

男子跳馬悔しい4位 日本で練習、比のユーロ

体操男子フィリピン代表のカルロス・ユーロ(左)と、演技の指導をする釘宮宗大さん=東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで2018年8月7日、円谷美晶撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第7日の24日、体操の種目別決勝があった。男子跳馬で、日本で五輪を目指し練習を続けるフィリピンのカルロス・ユーロ(18)は13.662点で4位にとどまり、メダル獲得はならなかった。

 「またミスした」。前日の床運動に続いてメダルを逃したユーロは、悔しがった。この日は高く力強い跳躍を見せ、1本目は大きなミスなくまとめたが、2本目の着地で尻もちをついた。「まだ技を完璧にできていない。もっと練習しなきゃ」…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文534文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 音楽療法研修会 来月2日、札幌で /北海道
  2. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  3. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  4. 首相 トランプ氏のノーベル平和賞推薦、否定せず 「コメントは控える」
  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです