メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

山県、ケンブリッジら陸上日本代表が調整 

25日の男子100メートル予選に向けて最終調整を行う山県亮太=ジャカルタのブンカルノ競技場で2018年8月24日午後4時10分、小林悠太撮影

 アジア大会の陸上・日本代表が24日、会場となるジャカルタのブンカルノ競技場で調整した。25日に男子100メートル予選に臨む山県亮太(セイコー)とケンブリッジ飛鳥(ナイキ)らがスタート練習などでトラックの感触を確かめた。

     トラックは軟らかく、スターティングブロックも日本で使っている物よりも傾斜が急という。山県は「2本くらいスタート練習をしたら、そこまで気にならなくなった」と話した。ケンブリッジも「自分は(トラックを)気にしない方だから問題ない」と不安を打ち消した。

     本番を翌日に控え、山県が「状態は悪くない。優勝して、記録も出したい」と言えば、ケンブリッジは「いいトレーニングが積めている。メダルをしっかり取りたい」と意気込んだ。

     男子100メートルの予選は25日午後7時(日本時間同9時)から行われる予定。【小林悠太】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
    2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
    3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
    4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
    5. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです