メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

女子床運動「銅」の中路 悔し涙止まらず

 ジャカルタ・アジア大会は第7日の24日、体操の種目別決勝があり、女子床運動で中路紫帆(戸田市SC)は12.600点で銅メダルを獲得した。平均台は4位だった。

 「自分に足りないところがあった結果。力を出し切れなかった」。演技後は、悔し涙が止まらなかった。回転技でふらついたが、手足の先まで優雅に動かし、着地も決めていった。芸術性は高い評価を受けており、21日の床運動予選では8点台のEスコア(実施点)でトップ通過していた。

 昨年10月に右手首を疲労骨折し、3カ月近く演技の練習ができなかった。焦りはあったが、トランポリンや…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文540文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです