メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いのちのほとりで

/5 在宅ホスピス 命を使い切る 内藤医師の20年

「さあ、きょうも回診に出るよ」と笑う内藤いづみ医師=甲府市のふじ内科クリニックで2017年5月11日、滝野隆浩撮影

 「最後の最後、命は燃え尽きて終わらせないと。あとどのくらい、というのは医者には分かる。ちょっと痛がったり、起きたり寝たりすることはあるかもしれないけれど。それは産みの苦しみ、陣痛と同じ。あの世に行くために、少し苦しんでいるだけ。命はそこで、ぜーんぶエネルギーを使い果たしていかないと。専門家がきちんとアドバイスすれば、本人が生き切るのを家族は支えられるんです」

この記事は有料記事です。

残り3638文字(全文3819文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  4. プロ野球 広島、マジック1
  5. サッカー デルピエロがFC岐阜にエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです