メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 避難生活で生まれた「段ボールアート」 郡山で遠藤さん作品展 /福島

鮮やかな中に古里、つらい思いも

東日本大震災と福島第1原発事故による避難所での生活がきっかけで生まれた「段ボールアート」の作品展が郡山市役所で開かれている。作者は富岡町から避難し、市内の災害公営住宅に暮らす遠藤昭三さん(62)。「震災と原発事故を忘れず、防災意識を持ち続けてほしい」と願い、鮮やかな色彩の中に失われた古里の風景や避難生活の記憶を織り込んでいる。【笹子靖】

 2011年3月11日の震災発生時、遠藤さんは富岡町内の海岸近くにいたが、すぐに車で自宅に戻り、その…

この記事は有料記事です。

残り884文字(全文1118文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  3. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工
  4. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです