メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者のきもち

命の尊さ伝えたい /神奈川

 520人の犠牲者を出した日航ジャンボ機墜落事故から33年を迎えた今月12日、墜落現場の「御巣鷹の尾根」(群馬県上野村)にある事件の遺族と登った。今年も尾根にはさまざまな事件・事故の遺族らが集い語らった。報道陣も多く、次男の健さん(当時9歳)を亡くした美谷島邦子さんらが丁寧に取材に応じていた。社会に命の尊さを語り続ける姿勢に敬服した。

     津久井やまゆり園の殺傷事件で最愛の家族を失ったある遺族も美谷島さんの生き方にひかれ、多くの報道陣がいるのを承知で慰霊登山に挑んだ。遺族は朝から緊張した面持ちだった。だが登山道の入り口で迎えてくれた美谷島さんから「ようこそ。これからもよろしくね」とささやかれると、ほっとした表情で会話を始めた。その様子を見て、同じように緊張していた私も全身の力が抜けた。私たちは尾根で「安らかにお眠りください」と短冊を結んだ。

     やまゆり園の事件では19の命が散った。被害者側が匿名となった一方で、事件を起こした男は遺族の歩んだ人生を否定するかのような言葉を吹聴する現状が悔しい。いつか遺族が社会に語り始めるその時まで、彼らに寄り添い続けたい。御巣鷹の尾根でひとときを過ごし、改めて思った。

     昨年、祖母を交通事故で亡くした。命の尊さを伝える覚悟を何度も自問し、小雨の降る御巣鷹山を下った。【堀和彦】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです