メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いらっしゃい

純和食店 銀しゃり処米右衛門=甲府市上石田 /山梨

山梨の米が主役

 一部がガラス張りになっている木製のテーブルには、脱穀された米と立体の切り絵が配されていた。壁には県出身のアーティスト、古屋絵菜さんらが手掛けた作品、天井には長い帯がそれぞれ飾られていた。「待ち時間をスマホで潰すのではなく、楽しんでもらいたい」と店主の植田祐基さん(32)。訪れた客を飽きさせない工夫が、あちこちにちりばめられている。

 2月にオープンした。「山梨の米はすごくおいしいのに、米をプッシュした店が県内にはない」。京都の銀し…

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文756文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  4. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  5. 寝屋川中1殺害初公判 突然土下座、泣いて謝罪も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです