メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと・しずおか

県立こども病院循環器科医長 金成海さん(48) /静岡

カテーテル治療の最前線に

 県立こども病院(静岡市葵区)が今年2月に国内で初成功した、1000グラム未満の超低出生体重児への心臓カテーテル手術の担当医を務めた。患者は生後10日の女児。心臓の動脈の一部が細く、先端に小さな風船と金網を付けたカテーテルを首の血管から入れて、患部で風船を膨らませて血管を拡張した。

 女児の術後は良好で6月に退院して体重は5000グラムに増えた。「危険な状態は脱した。難しい手術だっ…

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1067文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです