メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

彩人旬人

津・潮音寺住職 村上英俊さん /三重

ゴム銃で楽しい場所に 村上英俊さん(48)

 潮音寺(津市中河原)の18代目住職、村上英俊さん(48)が、寺を人の集まる場所にしようと意欲的に活動している。試みの一つが、手作り「ゴム銃(ゴム鉄砲)」を生かしたイベントだ。「来た人が元気になれる、楽しいお寺を目指したい」と話す。【山本萌】

 自慢の作品は、輪ゴムを13発同時に発射できる「ゴム銃バズーカ」だ。お堂の畳に積み上げたカラーコップへ向かって引き金を引くと、「パン」と乾いた音が響いてコップがはじけ飛んだ。連発式の銃もあり、一度引き金を引くだけで次々と輪ゴムが飛んでいった。

 幼い頃から、ゴムやエンジンを動力にした模型飛行機づくりなどに没頭した。「ゴム銃」を始めたのは約10…

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文1009文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです